プエラリアの効果と年齢は関係があるの?

MENU

プエラリアで効果を得られる年齢とは?

バストアップサプリの主成分としてプエラリアを頭に浮かべる方は多いです。実際に多くのバストアップサプリにはプエラリアが入っていますが、プエラリアはどの年代の女性に効果があるのでしょうか。プエラリアを使わないほうが良い年代はあるのでしょうか?

 

プエラリアを使わないほうが良い年代とは?

プエラリアは幅広い年代の方が使うことのできる成分ですが、10代の女性は使わないほうが良いとされています。その理由は、10代の女性は思春期でこれから女性ホルモンの動きが活発になって胸も大きくなるという年頃だからです。

 

10代の女性の体は女性ホルモンの分泌が非常に盛んな時です。何をしなくてもバストは大きくなる年頃なのですが、この時にさらなるバストアップ効果を狙ってプエラリアを摂取すると、ホルモンバランスが崩れる危険があります。

 

少量から始めれば問題はないかもしれませんが、ホルモンバランスが崩れることに寄って体調が悪くなるなど副作用が起きる可能性は高いです。10代のうちは健康的な生活をおくることでバストアップにつとめ、サプリを飲むことはもう少し待つことがおすすめです。

プエラリアが20代の女性におすすめの理由は?

精神的に安定する

20代の女性は毎日忙しいためにストレスがたまりやすいです。生理前はホルモンバランスが崩れることも合って、さらにイライラが増します。しかし、プエラリアはホルモンバランスを整える働きがありますので、イライラも少なくなり、精神的に安定することができます。

ダイエットに繋がる

20代の女性でダイエットを考えている方は多いです。バストアップしようと思うと痩せられないし、ダイエットをすると胸まで小さくなってしまうと悩んでいる方は多いですが、プエラリアは代謝を促す効果もありますので、ダイエット効果を得ることも可能です。

20代女性でも妊娠中や授乳中はプエラリアを飲むことを控えよう

多くの女性に注目されているプエラリアですが、ホルモンバランスに影響を与えるだけに妊娠中に飲むことは危険だとされています。

 

また赤ちゃんを産んで授乳をしている間は、赤ちゃんは母乳の栄養を摂取して成長しています。プエラリアのサプリを飲んでいれば、母乳の中にプエラリアの成分が入ってしまいます。大人にとってプエラリアは飲む量を間違えなければ決して強すぎる成分ではないのですが、まだ小さな赤ちゃんにとってはかなり成分が強すぎます。

 

これから大きくなっていく成長期の赤ちゃんにプエラリアの入った母乳を飲ませるわけには生きませんから、プエラリアを飲むことは控えましょう。そして、授乳が終わってから改めて、プエラリアを飲み始めるようにしてください。

関連ページ

プエラリアにバストアップ効果が高い理由
バストアップしたいと考えている20代の女性が気になっているものといえばバストアップサプリです。バストアップサプリを調べてみますと多くのものの中にプエラリアが入っていることがわかります。プエラリアはどうしてバストアップに効果が高いのでしょうか?
プエラリアの適量とは?
プエラリアがバストアップに効果が高いということは、最近の研究により明らかになっていますが、ここで気になるのは適量はどのぐらいかということです。少なければ効果は得られませんし、多ければ副作用が気になります。プエラリアの入ったバストアップサプリを飲む場合、適量はどのぐらいなのでしょうか。
バストアップ以外の効果とは?
胸が小さいことに悩む女性たちが注目しているバストアップサプリの主成分にプエラリアが使われていることは多いですが、プエラリアはバストアップ以外にもうれしい効果がたくさんあります。20代の女性にとってうれしいプエラリアの効果はどこにあるのでしょうか。
プエラリアの選び方は?
多くのバストアップサプリに使われているプエラリアですが、効果の高いプエラリアとはどこを見て選んだら良いか迷いますよね。プエラリアの選び方としては、どこに注目したら良いのでしょうか。